氷見 民宿 灘浦荘 HOME 宴会・宿泊プラン 施設・お部屋 氷見温泉 いさりびの湯 予約・お問い合わせ 灘浦日記

氷見 民宿 灘浦荘 HOME灘浦日記 > 67℃の世界

灘浦日記

氷見の旬 富山湾の旬をごらんあれ             

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

67℃の世界

タイトルが67℃の世界。。 どーいう意味なんだろ~???と思われてる方が多いでしょう~
ま~いつもタイトルなんかいい加減なんですけどね 笑 
今日のタイトルは意味があるんだな~  とりあえず完成品からごらんください

バイ貝の香味タレかけ です
何が67℃の世界なんだろう? 続きでどーぞ

新港漁港から仕入れた新鮮な活バイです。 




 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報
 


いつもありがとうございます




こっちでは西バイと読んでます。真バイより大きくてやや固めのバイ 当然!刺身で食べます
そのバイ貝を殻からはずし、塩もみし、ぬめりを綺麗にとります。 

西バイとよんでます










で!ここからが67℃の世界です。






67℃にあわせた湯の中に下処理したバイ貝を1分間入れます。  コレだけでコリコリのバイ貝がすごく柔らかくなり生でもなく、ゆででもないレア状態のバイ貝の完成です。


65度~68度の間ならOKじゃない

67℃。 温泉卵をつくる時の温度です ちょうどレアな温度なんですね~  (65℃~68度でもいいんだけどね、、)







ここからもうひと手間かけます  たべやすい大きさに切り昆布〆にします。
富山県民は昆布が好きなんだーーー
これでバイ貝の下処理が完成です








おつまみ画像  おまけ画像です


バイ貝の67℃の世界寿司です 笑  これは柔らかくて食べやすいよ~

これはオマケ画像~   大変美味でした!  って食ってるんかよーーっ  

他の食材でもいろいろお試しを









さて、ここからは 香味タレ のつくり方でーす。。(完全にネタバレですな~ 笑)



ご飯を使います ご飯です! コメね米! 残ったご飯でかまいません 
ご飯1に対して同分量の水をいれ 醤油、塩、ごま油、薬味(好みで紫蘇やみょうが、ねぎなど)をミキサーに入れスイッチオン

香味タレの作成中~








濃度はご自由に
ギュイーーーンって混ぜるだけ
はいたったこれだけで完成です!   








先ほど昆布で〆たバイ貝にかけたら完成ーっ   


で、こんな感じかな~
昆布で〆たワラビも一緒に




是非、ご家庭で      








 めんどくさいかな~ 笑





コメントの投稿

非公開コメント

うーん…

めんどくさい

いつか氷見に食べに行きますからねえ~!
そのときは、いつものおいしいのをお願いします。

こんなに毎日おいしそうなもの見せられてりゃ、
近い将来のことと思います。よろしくです。

たしかに...

手間......ヽ(`Д´)ノ

これはやはり作ってもらうのが一番いいよなぁwwww
(*^m^*)

う~ん。。。v-394
難しすぎて解らん。。。
調理は・・・たかしさんに。。。よろしくぅ~。。。
私はゴチになりに来ただけですので。。。v-401
おいしそう。いただきます!!!
ポチで~す!!!

貝類も好き☆

バイ貝おいしそう・・・☆

お家でもやってみたいけど・・・、
やっぱりこういう日本料理はプロの仕事って感じがします!
ホームパーティーのときはやってみたい!

きっと友達にも一目おかれちゃいそう(^_-)-☆

甲殻類に続いて貝類♪大好きデス~これもまた焼酎に合いそう☆

よだれが出そうです

すし屋に行き貝づくしというのがあればそれを食べます。
美味しそうで氷見に行きたい位です。

おはようございます。情報ゲット!!(笑)、有難うございます。67℃に一分間ですね。了解です~。ちなみにブロの技をバラして良いのですか?(笑)ポチ!!

適当な温度はダメなん

出来たやつ食べるわ。
温度計で測るが、
めんどくさいわ。

貝は・・・アサリと牡蠣フライと・・・やっとこさこの頃、
ホタテが食べれるくらいで・・・
シジミを炒ってお汁の匂いをかいでから、食べれなくなりましたのよぉ。
でも、香味タレは真似します~~~♪

深いぃ~

やっぱりお料理って化学なんですねぇー。
バイ貝おいしそぉー(=^▽^=)。

昨日、とあるレストランに行ってきたんですけど、
最先端のお魚の焼き方で、桜鯛をいただいてきました。
なんでも、50℃ぐらいを保ちながら
魚の淡白質を壊さないようにじわじわ焼いていくやり方だそうですよ。
東京の3つ星のところでは、
給食で使う保温機を使うそうです。

生とも違う、中がふわふわな感じでした。もちろん、皮はパリっと。
お料理って、奥が深いわぁ~。

おおv-238
貝も好きです(*⌒∇⌒*)

おいしそうだな~
お寿司もいいね~
自分じゃムリですが・・・・・

コメ?ご飯?
タレにご飯を使うなんて初めて聞きましたw(☆o◎)w

バイ貝おいしそうですね!
コリコリ しておいしそうです!

バイ貝って、初めて聞く名前ですが・・・
見たことあるような気もするのですが、気のせいですね。

 こんばんは。

 ご飯ですか、思いつかないです。
やはりプロの技です。
素材も器も盛り付けも違います~

 参考にさせていただきます。
作れないけど、こんなんある♪って。


 


すごい

バイ貝?ですか?すごい貝です。おいしそうです。
貝類好きなんで食べてみたいですねぇ。

知り合いから生牡蠣が届いたときは、自分で殻もとりましたw
大変だからこそおいしいものが、詰まっているのかも!?ですw

ヤッシーさん
たしかに家庭ではめんどくさいですよねi-229 氷見の魚食べにきてくださいね! 来られるときは たかしを呼び出してくださいi-237i-234 いいこと必ずありますよ~

ちまりさん
そんなこと言わずつくってみてくださいよ~i-50 笑 って  たしかに手間かかるけどねi-237  香味タレの方は簡単だからアレンジしてやってみてくださいねi-87 

スーちゃん
やっぱり、、、、ん~i-227   わかりました!僕がつくりましょう~i-87  ツマミリクエストがあれば言ってね~i-237

marippeさん
おおーーってi-237 ホームパーティ~されるんですか~ よし!そのときに是非呼んでくださいなi-88 ケータリングしますよ! 報酬は、、、ビール3本でi-88    安っ 笑

僕はいつも涎だしてます 笑

相子さん
僕も貝類が大好きなんですよi-179 すし屋いったら注文は貝類が圧倒的に多いですね~i-179 いまから岩牡蠣やサザエ、ハマグリの季節ですよ~i-185

makotenさん
ばらしても全然OKでーす! 全然気にしてませんし~i-179 逆に意見を聞きたいくらいですi-88 僕の料理はどうなんだ?とか、こうすれば?とか言っていただければと思い まずは自分のネタバレをオープンにしてます。  アドバイスあったらいつでも言ってくださいねi-179 makotenさんのサバの味噌汁は勉強になりました! シンプルだけど奥が深い料理ですね!  

適当はあきまへん!

メタボー殿
だいたい65~68がベストです! テキトーとかめんどくさいって言葉は職人には禁句の言葉ですよ!!  ハイテクマシーンもってるじゃ~ありませんか~i-179  って、ジャンルの違うマシーンかな?笑  67℃の世界、一回試しにやってみてくださいね~  めんどくさいですけど、、

りんちゃん
貝はいいダシでるし~体にもいいからいっぱい食べてね~i-179 香味タレは簡単だし是非、家でやってみて!  貝は美味しいよね~i-237  って、魚介類最高ーーーっi-176

低温焼きですね!

vicoさん
一度食べたことがあります!低温でジックリ焼いてふわふわな焼きあがりのi-178 僕が食べたのは鮭の切り身なんですが今までこんなの食べた時ないわー!と感動ものでしたね、、、あれから7、8年たってるんですが未だ自分ではやってませんi-202 それをつくるにはアナログでは無理みたいですね、、、ハイテクマシーンが必要のよーな、、    ちなみに僕が食べた低温焼きのお店は石川県の某すし屋さんです! 

うめこさん
そう~i-179ご飯がソースになりますよ!(冷や飯でもOK) いろんなところにヒントがありますi-179 ありえねー?と、思う素材をいろんなことに使うのがたのしいですね!  一回つくってみてねi-234 

かずさん
そうそう~絶対気のせいですよ 笑   バイ貝 美味しいです! 僕が言ってもあれだから いつか食べてみてくださいねi-179 食べたら感想聞かせてくださーいi-185

utataneさん
こんなんあるんですね~i-237 ご飯をソースに。。 あと、よく僕がやるのはオカユソースですね 昆布、塩をご飯に入れトロトロのおかゆにし、それを豚角煮や濃い味付けにsじょた素材にかけたりしますねi-185 いろいろ試してみてくださいi-179

sanaさん
貝類は美味しいですよねーi-234 その貝、その貝と味が全然違うし~ これから夏!貝類の美味しいシーズンですねi-179! 

大変、おいしゅうございました。v-218色付きの文字

さすが料理人!

やっぱり知っていましたか、この調理法。
その石川の寿司屋さん、どこか気になりますね・・・。

私の行きつけは(といっても、年に1回行けるかどうか・・・)、
アパホテル内の「小松 弥助」さんです。
創作寿司ですけど、かなり美味しい。
近々、太平寿司に行こうと思ってるんですけどね。


あ!ヨシさんだーi-179
ありがとうございましたーーi-179 また、車話しでもりあがりましょーi-88i-278

vicoさん
僕の行ってきたすし屋さんは鶴来の福来寿司(ふきすし)さんです。 ちょっとした知り合いのお店です。 ここ数年いってませんが素晴らしいお店ですね! 機会があったら行ってみてくださいi-179 

バイ貝自体の入手が難しいかな、東京まで行けば買えるけど。

こちらも今、サザエ、蛤、それに、ほら貝なんかも旬ですよ。

それにしてもバイの肝は何処へ・・・?

げぱるとさん
これから貝類が美味しくなる季節ですね~i-179 そうそう~サザエi-185今夜ブログでUPします! ほら貝は?使ったことがありませんね~ 富山にあるのだろうか? 調べてみます。。 あと岩牡蠣もシーズンですね!  バイの肝もボイルして中に入れてますi-179

なんと、

福喜寿司、うちから10分ぐらいのところじゃないですか!
しかも、うちの「たかしさん」、たまに行ってます。
私は、おいてけぼりですけど。大抵、仕事の接待とかそういうのなので、
連れてってもらえません( p_q)エ-ン

今度、いってきまーす!

vicoさん
そうなんですかーーー!!i-179 めっちゃご近所じゃないですかーーっ!!i-237  実はウチの女将と福来寿司さんの女将さんが同級生ということもあり、なにかとつながりがあります。 僕もしばらく行ってないので行きたいな~   是非!連れてってもらってねi-234 たかしさんにi-179
プロフィール

nadaurablog

ブログを書いてる人: nadaurablog


おきてがみ
おきてがみ、お願いしまーす。
折り返し、遊びに行きます!!
灘浦荘の味 テスト販売中!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
タグクラウド
コアメダル(#1)ガンド(#2)カレイ(#1)ウド(#1)氷見ブリ(#1)枝豆(#1)ブリの解体(#1)はいからランチコース(#1)ウニ(#2)オランダ(#1)レモン(#1)オリーブ(#1)チャーシュー(#1)おにぎり(#1)越中バイ(#1)フグ(#4)アンコウ(#1)イタリアン(#2)茶碗蒸し(#1)カニ(#1)焼き牡蠣(#1)若女将(#1)BMW(#1)シマダイ(#1)新年会(#1)氷見米(#1)ヤナギハチメ(#1)割烹料理(#1)熊肉(#1)コーヒー(#1)サバ(#1)カメラ(#1)イカ(#4)冬至(#1)紅ズワイカニ(#1)赤鯛(#4)氷見うどん(#1)レシピ(#1)クイズ(#4)ミョウガ(#1)ごはん(#1)ガンドブリ(#1)ナガラモ(#1)メジ(#1)フクラギ(#1)ゴマ豆腐(#1)カワハギ(#4)ラーメン(#2)氷見漁港(#4)氷見市観光協会(#1)氷見の鰤(#1)岩牡蠣(#1)天婦羅(#1)牡蠣のかぶら蒸し(#1)車海老(#1)ブリ(#5)ワラビ(#1)キス(#1)バイクの宿(#1)白子(#4)明太子(#1)新米(#1)鯵(#2)ヒラメ(#1)カマス(#2)黒鯛(#4)ハチク(#1)刺身(#5)ブリのふとう(#1)コズクラ(#1)今夜の料理(#1)トロ(#2)技術向上(#1)寿司(#1)名刺(#1)桜(#1)春まつり(#1)ジャガイモ(#1)氷見カレー(#1)トキ(#1)弁当(#1)ホタテ(#1)kiss(#1)ワカメ(#1)白海老(#2)カルパッチォ(#1)サヨリ(#2)マグロ(#4)カルボナーラ(#2)イワシ(#1)バイ(#1)灘浦荘(#6)献立(#1)灘浦日記(#2)ネット販売(#1)パンフレット(#1)アジ(#2)トビウオ(#3)氷見は青春(#1)氷見牛(#5)ハチメ(#3)ノドグロ(#2)ウマズラ(#1)シイラ(#1)タケノコ(#1)氷見(#1)ワタリカニ(#1)セリ(#1)タチウオ(#1)フグ白子(#2)ステーキ(#2)春告げ魚(#1)サワラ(#1)氷見ブラック(#1)太刀魚(#2)サザエ(#4)ススキ(#2)ほしのふるまち(#1)運動会(#1)アンコウ鍋(#1)スルメイカ(#1)夜景(#1)メバル(#2)クジラ(#1)
ブログ内検索
「ブリ」 と調べてみる?
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


RSS
訪問者数カウンター
地域別アクセスデータ

POWERED BY
http://www.nadaurasou.jp/

灘浦日記 http://nadaurablog.blog114.fc2.com/

得々まんぷくプラン宴会・宿泊プラン日帰りプラン平日限定宿泊プラン団体様限定プラン忘年会・新年会プラン歓送迎会プラン
氷見の春の料理氷見の夏の料理氷見の秋の料理氷見の冬の料理氷見 ブリカニアンコウ氷見うどん氷見牛
施設・お部屋氷見温泉 いさりびの湯屋根付き駐車場法要・還暦祝アクセス会社概要プライバシーポリシーリンク
予約・お問い合わせサイトマップ氷見 民宿 灘浦荘 HOME

氷見 民宿 灘浦荘
〒935-0042 富山県氷見市宇波5018 TEL:0766-72-2200  FAX:0766-72-2304

FC2Ad

COPYRIGHT (C) 氷見 民宿 灘浦荘 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。